総合TOPへ戻る

UO文芸コーナー

短文館コンテストやうおみんで書いたUOのショートストーリーを掲載するコーナーです。

ちなみに過去に「Deal・ミズホ武芸帳」とか「Cinderくんの灰色世界」という
プレイ日記を物語風に書き綴ったコーナーもありました。

10年以上経ってプレイ日記ではない、完全オリジナルのお話を書くことになったきっかけは、
2015年5月に開催されたイベント「Moonglow短文館」でした。
当時のムーングロウ首長だったKarashNecoさんが主催した文芸イベントです。
(この時の様子はTakky UO日記に詳しいです)

参加した理由はいつもの気まぐれでしたが、このイベントがボクの文芸魂に再び火を点けてくれました!

こうしてオリジナル作品第1作目「恋に落ちたラマ」が生まれました。

更に「恋に落ちたラマ」の前に書きかけていたものの、規定文字数をオーバーしたため
短文館には出さなかった作品「Moon-Moon-Glows 《 新月とミヅキの物語 》」を完成させて、
2015年5月にうおみんに発表しました。

そしてその勢いのままKarashNecoさんの後を引き継いで、ムーングロウ首長に就任!

2015年9月に第2回短文館コンテストを開催し、そして2015年12月の今、第3回短文館コンテストの真っ只中です!

短文館コンテストを定期的に開催することで、「UO文芸」というUOの大切な文化を末永く守りたいと思います。

・・・っと話が横道にそれてしまいました(^▽^;


それではつたないモノばかりですが、Takky@たきやん作品をお楽しみください!



■「恋に落ちたラマ」(2015.05.01)<第1回短文館投稿作品>



※画像をクリックするとアルバム形式で回覧できます。

【解説】

第1回短文館のテーマはいくつかある中からランダムで出されました。

ボクがもらったテーマは「魔法」と「植物」でした。

初めてUO本に書いた作品なので、UO本特有の癖のある仕様を手探りで調べつつ、
文字飾りや装飾、アスキーアートなど、ありったけのアイデアを盛り込みました。

※第1回短文館に投稿された他の作品はこちらで閲覧できます




■「Moon-Moon-Glows 《 新月とミヅキの物語 》」(2015.05.27)

※webテキストです。別のページで開きます。

【第1話】Moon-Moon-Glows 《 新月とミヅキの物語 》

【第2話】Moon-Moon-Glows 《 新月とミヅキの物語 》

【第3話】Moon-Moon-Glows 《 新月とミヅキの物語 》

【第4話】Moon-Moon-Glows 《 新月とミヅキの物語 》

【第5話】Moon-Moon-Glows 《 新月とミヅキの物語 》

【第6話】Moon-Moon-Glows 《 新月とミヅキの物語 》

【第7話】Moon-Moon-Glows 《 新月とミヅキの物語 》

【第8話】Moon-Moon-Glows 《 新月とミヅキの物語 》

【あとがき・執筆裏話】Moon-Moon-Glows 《 新月とミヅキの物語 》


【解説】

うおみんで全8回+あとがきとして発表した作品です。

自分の中の乙女回路をフル回転させて書き上げました(笑)

各話ごとに頂くコメントがとても楽しかったです。




■「レクドゥレクスの影」(2015.09.05)<第2回短文館投稿作品>



※画像をクリックするとアルバム形式で回覧できます。

【解説】

第2回短文館のテーマは「ムーングロウ」と「怪談」でした。

ちなみに「怪談」の範囲は「超自然的要素が含まれていればOK」だったので、
この作品にはホラー色はほとんどありません(^▽^;

「恋に落ちたラマ」の老魔術師、新月とミヅキ、第1回短文館でくにこさんが書いた作品に登場した司書が
ゲスト出演しています。

※第2回短文館に投稿していただいた他の作品はこちらで閲覧できます





■「『あなたにギフトをお贈りします』」(2015.12.06)<第3回短文館投稿作品>



※画像をクリックするとアルバム形式で回覧できます。

【解説】

第3回短文館のテーマは「ブリタニアのクリスマス」でした。

ひょんな事からホリデーギフトにまつわる秘密を知ってしまった少女の奮闘をコミカルに描きつつ、
最後にちょっとしたサプライズを仕掛けてみました。

この話だけでも楽しめますが、「Moon-Moon-Glows 《 新月とミヅキの物語 》」を読んでからの方が
より楽しめると思います(^▽^)

※第3回短文館に投稿していただいた他の作品はこちらで閲覧できます




■「白猫マリアベル」(2016.06.12)<大和シャード「つまらん話」文学賞投稿作品>



※画像をクリックするとアルバム形式で回覧できます。

【解説】

大和シャードのEMイベント「つまらん話」文学賞に投稿した作品です。

UOの船頭が突然話し出す「あー! (街の名前)であっしが出会った(男or女)の話をしましたっけ?」で始まり、

こちらの69あるストーリーの中からモチーフを選んで話を作り、「なに、つまらん話でさ」で締めくくる話を書くのがルールでした。

ボクは「髪にキツネの尾を編みこんだ男」を選んで執筆しました。

「キツネの尾なのに白猫?」と疑問に思われる方もいると思いますが、その答えは読んでのお楽しみ!

こうして集まった作品は合計46作品!

そして投票の結果、この作品が最優秀賞に選ばれました!(^▽^)ノ







記念トロフィーは大和シャードのリワードホールに飾られています。


※他の作品はこちらで閲覧できます


■「白金の勇士」(2016.09.25)<第4回短文館投稿作品>




※画像をクリックするとアルバム形式で回覧できます。

【解説】

第4回短文館のテーマは「徳之島の秋」でした。

ネタ探しで徳之島を走り回ったときに見つけた「白いリッジバックの彫像が飾られた祠」から構想した作品です。

「サベージの戦士をいかにカッコ良く描くか」に挑戦してみました。

テーマの「秋」の盛り込み方がちょっと強引だったかな、と反省です(^▽^;

ちなみにこの作品は3位に入賞することができました!

※第4回短文館に投稿していただいた他の作品はこちらで閲覧できます


■「僕の御守りが桜の花びらになったわけ」(2017.03.04)<第5回短文館投稿作品>




※画像をクリックするとアルバム形式で回覧できます。

【解説】

第5回短文館のテーマは「桜の花」でした。

ちょうどこの頃読んでいた「ラヴクラフト ライト」という作品の影響を受けて、10代前半の少年少女の冒険物語、
いわゆるジュブナイル作品にラノベ風味を加えた物語を書いてみようと思いました。

目指したのは、自分に自信のない主人公の少年が幼馴染の少女と冒険することで成長する、そんな王道ストーリー!

TRPGのゲームマスターで培った経験を活かして、力押しではなく知恵と工夫で解決するような展開にしてみました。

ゲーム内では「離れた位置のアイテムを使用する」としか表現されていない魔法を、
こんな風に応用できないかな?などと考えるのが楽しかったです。

というわけで、サービス満点、エンタメ要素たっぷりで読後感が爽やかになるよう心掛けて書きました。

ラノベっぽいラッキースケベなシーンを書くのが楽しかったです(^▽^)

※第5回短文館に投稿していただいた他の作品はこちらで閲覧できます


総合TOPへ戻る

inserted by FC2 system